羅臼では北西の風は凶とされる。この方角の風は荒れるからだ。以前書いた、カレイ釣りの前、小雨がぱらつき曇っている間は天気はまだよかったが、途中晴れ間が見えだしてから、不吉な天気となった。思い出したように吹く突風、知床連山にウトロ側からものすごい雲がぶち当たり、それが上へ上へと伸びている・・
そして翌日の月曜日は見事に強風が吹き荒れる。普段はこんなエメラルド色をしていない海が、底荒れをしているのか、風で屈折が変わったためか不気味な色になっている。国後までが怪しい雰囲気だ。いつも寝息も立てない海が、轟々と音を立てはじめている。
よく事情がわからない人が見ると、温かそうに見えるが、この低気圧のおかげですっかり5月の前半に戻ってしまい、寒い毎日。水温も6C~8Cの間だろう。普通サウナの後に入る水風呂は25前後。私が好きな西別川は湧き水のため年間通して14Cくらいだ。14Cの水温は10秒手を入れていると頭がキーンとなってくる。そうするとこの海の水温はどんなものかわかっていただけると思う。早い人で低体温症で5分後から運動機能が低下し、昏睡に入りってしまう。楽観は禁物だ。
竜巻も起きた。偶然写真に収める事ができたので、それは後日のお楽しみ!

About MORIKAWA

1960年生まれ 北海道移民150年目 (株)オイコス 代表取締役 北海道道釧路市在住 趣味 シーカヤック 自転車 野営 たき火  中小企業家同友会 政策副委員長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation