CM30秒、どれくらいの長さなのか改めて体感してみると・・・。結構な時間がありますね!
うちの会社はこのような動画の作成をしている会社なんです。

(株)オイコス OIKOS vision+

問い合わせはフォームからお願いします。ただ作るだけではありません。あなたの改なセールスポイント発掘!届けたいところに確実に伝えます!

 

さて、ついでにコマーシャルを!これから寒い、道路には塩カルがまかれて車が洗車できないいやな季節を迎えます!けれどクレバーシールドなら大丈夫!

3年保証付!

ワックス不要

輝く保証(詳しくはWEBを)クレバーシールド

 

次は(株)オイコスのコマーシャルです。画像は著作権フリーの人物達です。伝わっていますか?相手に伝えることの難しさ!

image

image

image

熟成も終わりいよいよ!腹に詰め物をして、オーブン入りです。デッキでオーブン当番。おっとまずいー!火を見たら缶ビールに手を出した!!休肝日二日で終わりました!さて、出来上がりは!!?第二部にて!

image

横になるというのは実に楽だ。市立病院に入院した親戚を見舞いに行ったときにアームについた液晶テレビを見て閃いた。それからネットで書見台を発見し小躍りした。イレクターパイプでベッドテーブルを自作した。パソコンモニター用にアームも購入、書見台もベッド用を購入。ニトリでビーズクッションも用意。完璧なながら生活が送られることとなった。天気が悪く何もできない日が楽しみだ。さあ!次は尿瓶だ!って言うのは冗談(笑)

image

image

摩周湖入り口の近くにある弟子屈ラーメンで昼。混んでいるのは美味い証拠。店内も清掃が行き届いて明るい。メニューから選ぶが何が目玉か不明。塩が好きなので塩系を選ぶ。麺は太麺、細麺好きとしてはNG。混んでいるは美味いから、私はやはり釧路、屋台ラーメンが一番!

image

友人が佐々木栄松、魚拓展で購入したもの。山女魚、清流の女王と呼ばれるが陸封されていなければほとんどがオス。山男魚っていうのが正しいのかも。

image

image

image

image

image

image

image

感動した!木が生きている。質感が木ではない。肉だ。羽毛だ。目が生きている。今すぐにでも動きだしそうなくらい。ときわ台シルバーヒルズで展示会をしているバードカービング展は必見!
http://www.silvercity.jp/tokiwadai_hills/access.html

image

サクラマスのネタで買いたが、サクラマスのネタを食べてしまった。昨日息子の誕生日で回転寿司に行った。そこにあった。新聞記事とリンク。かつてサクラマスの刺身は超レアなもの。食べる習慣などなかったが、今はネタになっていることが驚き。私が羅臼に単身赴任時代、羅臼海鮮工房でクチグロマスという名で500円という破格の値段で売られていた。これは混獲されたもの、賄いにまわったものがたまたま市場に出たもの。現在、サクラマスは意図的に計画的大量捕獲されている。食べるとマズイことに美味い。昨日食べたネタの中では私の中では最高峰。下からいくと野付の大トロしめさば、ホタテ、アオゾイ、サクラマスの順でサクラマスがトップ!鮭鱒(ケイソン)の中でもトップクラス、スケ(マスノスケ=キングサーモン)や通常サーモンと呼ばれる養殖アトランテイックサーモンの比ではない上品な山女魚を想わせる味だ。息子RON少年はサーモン好き。やつが美味いというのだから間違いない。危惧するのは、サクラマスの消費が進めば道内の河川から山女魚が激減することになる。参考にならないかもしれないが、マダラスケトウダラは不漁といわれる。あの魚は寿命が長い。親を採る、淡白で大量に採れやすいから採る。トロールで大量に採れるから価格が安い。漁獲量に、反比例して価格は下がる。利益をあげるためにもっと採る。とうとう絶滅寸前だ。市場規模の拡大する。グローバル化の弊害だ。さて山女魚に戻る。タラの住む海という分母と川という分母ではスケールが違う。川は死にかけている。日本の川は環境破壊でどこでも瀕死状態。子は採っても親採るな!という言い伝えがある。サクラマスを網で採ってはいけない。大量に採ってはいけない。現在の地球環境では再生不能な高級魚だ。この158円の価格に人間愚かさを感じた。最後に繰り返しいう。だが、美味い!

image

ヤマダ電器に行ってみた。スマホコーナーでワゴンに平積み。500円均一。充電式の携帯バッテリーだ。容量的には少ない600台のミリアンペア数。しかし目が点になる。EVOLTAというパナソニックの充電式電池が二本内蔵。普通に二本買ったら800円はする。それに、早い話が電池の充電器と携帯の充電器がセットでワンコインの投げ売りだ。しかも、何故かワゴンは山盛りのままだった。電源難民としては想いを馳せる。ダイソーの100円の充電式電池は使えないのか?新品のEVOLTA二本買うより絶対これをもう一個でも、二個でも買った方が安いとか~。確かeneloopは八本で五千円くらいした。明日もう一度行ってみよう(笑)

image

image

image

image

image

念願のかめや食堂に行った。古いが店内はきれいで清潔感がある。店主は釣りが好きなことは入った瞬間わかった。イトウの魚拓。サーモンフライの飾り。釣り船の宣伝。しかし、釣りは二十年ほどしていないという。自分は車もないし、つり仲間がみんな元気なくなちゃったしねと苦笑していた。私も以前、鱒が憧れと信仰の対象だった時代があった。今は全く熱く語れない自分がいる。店主の話は聞いていてどこか他人ごとだった。昔だったら身を乗り出して話に没頭できたのに、共感は覚えるが同調できなかった。だが、釧路駅前にあった竿秀堂という釣り道具の話や鶴屋にあった釣りコーナーのこと。風連川、釧路川でのイトウ釣りのことなど、興味深いものがあった。料理も美味い!カレーはデミグラスベースの美味いカレー。親子丼もおいしいRON少年が絶賛している。カウンターで、ビールを飲みながらまったりと過ごしてみたい。

image

これは!釧路はソバの街だから進出してくるのはうどん屋ばかり。岩見沢からかまだ屋来ないかな~