image

image

image

image

image

image

image

原田康子シンポジウムに参加、それから某所であった釧路の教育を考える集いに参加。それ以外は!家で、まえ使っていたスマホの手動アップデートをしていた。アイフォンでいう脱獄して、ROMに新しいオペレーテイングシステムを書き込む。という作業。簡単だけと面倒だ(笑)
結局、改造したスマホは息子ronの手に。今日は疲れたけど、アンドロイドの楽しさがわかった日だった。        from android

image

外に片付けにでたら~
ここからはわかりません。けど、良い雰囲気。幣舞橋近辺は夕陽のカメラマンがいるんだろうな。

<カモメと光る街路灯>

休みには夕陽に巡り遭えない・・という状況が続いている。今回は馬がいた。橋を歩いているの見て、久寿里橋から機材を抱えて走る、走る、走ったら階段で足をギクッ・・・やれやれ捻挫か、しかし足を引きずりながら早足で馬のもとへ・・・

馬のいる風景は優しい。しかしこんな車の往来のあるところで乗るのは、相当な腕っこき。

仏舎利塔って日本でも十数箇所、世界でもそんなに無いって知ってた?

カクテル光線を浴びるカモメ。ちなみほぼ毎日ここにいる。

Cloud factory(雲工場)出来立ての雲は白い。

最近ものすごい勢いで写真が増えている。11月末にある写真のコンテストに応募するからだ。ごく身内のといっても全国的な業種内コンテスというもので権威も名誉もないが、釧路に写真クラブが誕生した瞬間メンバーにされてしまった。以来競争のように入賞を促されている。元々風景写真は苦手。しかし、コンテスト入選作品は圧倒的に風景。それで、ネタを探して毎週末あちらこちらを駆け回っている。苦手な風景写真の面白さが多少分かってきた。キレイなだけじゃダメということ。何かポイントが必要。それをイメージしてひたすら待ち続ける、通うこと。しかし堪え性のない私には無理。けれど秘訣はわかった。けれど、早く自分の世界に戻りたい(笑)

今日は阿寒湖とオンネトー もう紅葉どころか雪が降った。冬の足音が聞こえる。

カメラを構えるRON少年。中古のD60と75-300のズーム。なかなか良い写真を撮っている。

静かな湖面に写る白樺。車のエンジンを止めて風が凪ぐのを待つ。気温は暖かめ、車からパブロ・カザロスが演奏する「無伴奏チェロ」鳴り響く。静かなオンネトーになり響いているようだ。

秋が終わったという意匠。白い雪に紅葉がたくさん落ちていた。10月の写真はこれで終り。明日からは11月だ。

屈斜路にて雪虫舞う

先日お邪魔した岩見沢の友人宅。30年の付き合い。本当に居心地のいい家だ。家のあちこちに住人のセンスが光っている。目を楽しませてくれる住居だ。

同友会の全道経営者研究会に参加したついでにあちらこちらで秋の風景を撮ってきた。とりあえず数点。

札幌芸術の森にて

同じく札幌芸術の森 雨の中の撮影 パネルに映った紅葉。

紅葉の川 不法投棄のワープロ どこかで言葉を紡いでいたこともあったのだろう。今は川のほとりで思考を失ってしまった。

半月がくっきり見えた。車を路肩に止めて写した一枚。夕焼けにならなかった空。しばらく焼けた空を見ていない。

建設中の高速道路の脚柱に月が浮かぶ。月への生贄を捧げる祭壇のように見える。

昨日の美瑛、今日は疲れた上に満足感で飲み過ぎて昼まで寝てしまった。起きてから息子を誘い釧路川へ行く。そしてまたカメラ片手に・・・

美瑛の青い池の近くにあったヒメリンゴ(?)背景には紅葉。雨が激しく降っていた。

十勝岳の紅葉。来月は雪が降る。

釧路川の夕景。今日は月がある。新月だろうか。雲はなかったけど思い描いている夕景にならない。

暮色強まる中、鳶が一羽止まっていた。その後姿に孤独と憧れを感じた。生きる強さだ。

美瑛の畑。釧根にも丘陵地帯の牧草地はあるが畝を切ってあるのとないのでは絵としては全く違う。人工的だが、生活の心地良さを感じる。

紅葉を透過光で観るのがいい。私は葉の裏側から観るのも撮るのも大好きだ。重なりが作るグラデーション。浮き上がる葉脈。

青い池にあった紅葉。もう少し見た目は青い。そして紅葉は赤い。

今週末は岩見沢→札幌→芸術の森→すすきの→岩見沢という予定。美瑛に寄ってこようと思う。

本当に絵になる町です。感動しました。400枚近く撮影して整理中です。

青い滝

哲学の木

五稜の丘