image

釧路にて。k-biz が深まりました。

image

昭和冷凍ブラントの製品

image

同友会の公開公開例会釧路ビジネスフォーラム2010が始まります。控え室でプレゼンを直す藤村さんです。

image

小出宗昭さんを釧路に招いての三度目の相談会。勉強になります。

image

新会員加入促進会です。

image

予告していた藤村正宏さん小出宗明さんのセミナーです。一時間づつ講演をしていただき、そのあとは、二人のセッションです。釧根の魅力、この地域でどうしたらよいのか等二人の話から学びましょう。このセミナーは、洗脳型や、やる気や根性論で人を鼓舞するものではありません。あくまでもやり方、考え方が変わる気づきの場です。問い合わせは、中小企業家同友会 釧根事務所0154-31-0923まで。誰でも参加できます。

image

お疲れのビール。

image

image

image

小出さんによる二度目の相談会。おみやげに元気の出るスイーツ、ニンニクベースのスイーツ。

image

十勝の芽室町から尾藤光一さんを報告者として招いて、8月例会を行った。芽室の基幹産業、農業を軸に考えて、離農者を防ぎ魅力ある農業にしていくことに取り組まれている。住んでいる場所を持続可能な地域とするために、基幹産業の農業者の愛郷精神を醸成し、地域発展の中心になることが大切であるという想いが感じられた。日本製の農作業機械は北海道の大規模な農業には不適とのこと。海外の効率的かつ収益のあがる農業のため、先進地オランダやドイツの機械を使う事で、省力化が図られるとのこと。例えば東京ドームの大きさであれば10分で種蒔きが終わるらしい。地域間連携で釧根、十勝、オホーツクが繋がれば世界的競争力のある農業になるだろう。