CM30秒、どれくらいの長さなのか改めて体感してみると・・・。結構な時間がありますね!
うちの会社はこのような動画の作成をしている会社なんです。

(株)オイコス OIKOS vision+

問い合わせはフォームからお願いします。ただ作るだけではありません。あなたの改なセールスポイント発掘!届けたいところに確実に伝えます!

 

さて、ついでにコマーシャルを!これから寒い、道路には塩カルがまかれて車が洗車できないいやな季節を迎えます!けれどクレバーシールドなら大丈夫!

3年保証付!

ワックス不要

輝く保証(詳しくはWEBを)クレバーシールド

 

次は(株)オイコスのコマーシャルです。画像は著作権フリーの人物達です。伝わっていますか?相手に伝えることの難しさ!

2013年3月13日 ㈱オイコスを設立しました。釧路市の産消協働を中心に置き、中小企業家同友会で学んだ理念で地域経済の発展に寄与することを目的にした会社です。まずは取り急ぎ

image

image

image

image

image

image

image

image

image

十勝のチーズはフランス型、釧路のチーズはイタリア型。のっけから初耳で一気に話に引き込まれた。本当のチーズ文化は育っているのだろうかと自問自答してみる。酪農王国といいながらも、やはりここは植民地なのか自分達で加工し土地にあった工夫を加えないどころか、大量生産品を逆輸入している有り様だ。木ノ口さん酪恵舎の取組はその土地にあった発酵食品文化を育てようする姿勢に共感を覚えた。塩味のチーズをタンタカの刺身にふりかけるということに私は感動を覚えた。今クシロビジネスで取り組んでいる地域間連携の重要な柱になる可能性がある。白糠の食文化は素晴らしい。

今こそ中小企業家同友会の真価を問われる時が来ました。このままでは全国の国民生活に大きな支障をきたすでしょう。首都圏と流通、災害地へ集中などでバランスが大きく崩れる可能性を感じます。同友会理念の中にある国民と共に歩む中小企業、これはオ
イルショック時に便乗値上げなどせずに、地域の困っている人達のために苦しいさなか努力した会員の経験から生まれた行動指針です。中小企業は地域に支えられてこそ存続できる。今こそ中小企業が地域に求められてはいます。同友会のネットワークで全国を結び混乱を最小限に抑えられると思います。戦後の混乱期を救ったのは中小企業です。中小企業憲章、条例、同友会理念が生きる場面です。中同協を中心に検討に入っていると思いますが、早く行動が見えることを期待しています。

image

今日は毎日職場で作って食べている蕎麦か品切れ。出たついでにフクハラの惣菜コーナーで弁当を買う。350円弁当のバリエーションが並ぶ。驚きの低価格。当然、価格の秘密は材料代と人件費だろう。Tppが批准されれば更に安い弁当が誕生するかもしれない。198円ハンバーグ弁当。しかし、これは喜んではいけない。
アメリカはなんといっても農業国だ。国費で下支えし、売り込みには軍事力も使うほど必死だ。関税を撤廃させ、工業化された農業で食料を量産し安く売り込む。安いことは良いこと!すると、自国の基盤たる農業が崩壊し、食料の自給率が下がる。食料を依存するほど危険なことはない。飢餓、他国の事情は我々にはコントロール不能だ。食料は他人任せにしてはいけない。
食料生産は生命線、分業化が進みすぎ食料は金さえ出せばどうにかなると思っているが間違いも誤解も甚だしい。
Tppは批准する必要は全くない。関税撤廃のメリットはまやかしだ。

image

厚岸の牡蛎漁師 カキキンのオイスターバー バー キンから中継中

image

image

image

宴会、差し入れのウニを食べ過ぎて胸一杯(笑)こばたさん大人食い(笑)(笑)浮世亭狂楽氏の中小企業基本条例を解説する落語を聞きながら懇親を深めました。

image

image

小出さんの途切れないパワーに脱帽!

image

無添加ウニ、新たな販路。けど美味いなこれ。

image

現在北海道鹿は60万頭いる。その有効利用方法。鹿には捨てる部位が無いという。