雪があっても、春の匂いがしてきた。職場の仲間を招いてパーティを開く。メインはロースト・チキン。ダッジオーブンを手に入れてから作ることが多い。解凍し血を洗い、少し寒気触れさておいて、下ごしらえ、腹の中にはニンニクと冷凍ピラフを詰める。冷凍ピラフはちょっとズルだけど、美味いので詰める。外側には人参とじゃがいも、玉ねぎ、きのこ、再びニンニク等。

ローストチキンは特別な来客や子どものために作ることが多い。したがって自分が満足に食べた記憶はあまりない。パリっと皮が焼けた背中や、もも肉、胸肉など人に切り分けても自分の口に入ることは少ない。いつか一羽まるまま食べてみたいと思うが、ダッジオーブンでローストは自分のために作るには面倒な作業だ。

ダッジオーブンを使って、蒸し鶏という手法がある。これはほとんどローストと同じだが、火にかける時間と、ローストがフィッシュで蓋を少し開けて水分を飛ばすのだが、こちらは最後までミストサウナのままだ。具は一切いれない状態で鶏を蒸す。蒸されると鶏は脂とエキスを放出し、肉本体は脂が落ち良質なタンパク質となる。鶏を取り出して、そのエキスでラーメンスープを作る。肉は骨から簡単にはずれる状態で肉と骨を分離する。塩コショウをしてそれをツマミにしてビールを飲みながらラーメンスープを作る。もちろん塩味だ。これもズルして華味で簡単に創るが、ニンニクは大量投与する。麺は釧路の細麺、ちぢれ麺。道東製麺製の麺を茹でる。煮だったお湯に入れて沈んだ麺がふわっと浮き上がったら完成だ。ラーメンの具はさっきの鶏肉、ネギ、メンマ。持参のラーメン丼ぶりで食べる。この作業をキトウシやチミケップ、屈斜路湖のキャンプ場で作ったことがある。薄暗いキャンプ場の炊事場へ歩く人たちが足を止めて「いい匂い」「ラーメン屋の匂いだ」というのに優越感に浸った記憶がある。けど、最近は後片付けの面倒くささに再現は難しいラーメンでもある。

image

image

image

軽く飲もうと誘われもう一軒。昨日の酒が効いていて焼酎お湯割一杯でダウン。帯広の夜は終わりました。
とおし
ほや塩辛
つぶ刺
にんにく揚げ

image

image

image

会議終了後、目星をつけていたジンギスカンの店に向かう。
生ラム、ラムタンを食べる。熱くなったジンギスカン鍋にサラダオイルを塗り、玉ねぎ、もやしを入れて、牛脂を乗せ、溶けだしたら生ラムの登場。 ラムタンははじめて!新しい食感だった。

image

image

帯広到着。打合せ前に軽く何か食べたいと思いマップで検索。こもろという立ち食いそばにいく。途中こんな飲食店舗街を発見!釧路にも、こういうセンスが必要だ。外から中が見えること。屋台村のコンセプトが生きている。